歴史の息づくまち
旧芥川宿



 西国街道を歩けば、
 過去の旅のロマンに出会います。



写真7
まちの北部丘陵の麓を東西に通る(西国街道)は
奈良・平安時代から
西国へ通じる「山陽道」として
貴族や武士・庶民に親しまれた道です。
「教宗寺辺りの家々には、当時の芥川宿の
面影が残っているね」

この街道をゆっくりと歩けば
昔の旅のロマンに出会うことができます。
写真8